うどん 栃木 | こだわり麺の本格うどんなら鹿沼にある うどん茶屋いちょう庵

栃木のうどん専門店なら鹿沼のうどん茶屋いちょう庵へ。絶品のうどんをご用意してお待ちしております。

饂飩専門店以外にも大手飲食チェーン店のおしなきにも含まれている饂飩ですが、コンビニでも乾麺やゆで麺、カップ麺の販売をおこなっているのを目にすると思います。日本国内においていつでもどこでも食べられるようになっていで、最近では自動販売機でも販売されるようになっており麺の湯切りをして料理してテンプラをいれるものまであります。一般的には小麦粉を練り細長く切り、そしてちょうど良い太さにした麺を使用した料理を饂飩といいます。饂飩よりほそいと冷麺と言い、薄い麺はきしめんやほうとうなどと言われており、このような別のジャンルの麺類が多数あります。とても簡単に作る事のできる一般的な食事でお米のかわりとして食されますが、お祝いのときなどには「ハレ」の食品として昔から食べられてきました、地域によって入れる具材や調理の方法に違いがあり、風土の味が含まれていてそれぞれとても味わい深いのが特徴です。「うどんてぼ」というザル状のうどん揚げを使用して鍋のまわりに引っ掛けた状態で茹でるような調理の方法がありますが食べる方法もいろいろあり、丼に入れる「かけ」「さら」や「ざる」なべの後にいれる「シメ」など様々食べ方があります。いちょうあんでは本場の饂飩の味を栃木でしっていただこうと、食材から調理法までこだわりをもって作っています。この機会に一度おためしあれ!

ご挨拶

通常の饂飩の麺は小麦粉に6%ほどのソルトを加えたきじから作られています。
使用したソルトの85%以上は完成する前にはなくなっていているので、ほとんどソルトの味は残っていません。手延のうどんは日本農林規格という所の規定を満たしているものがそれであり、具体的な規定は
水にソルトと小麦粉を一緒にしほどよく練ったあと食用アブラやでん粉を含めながら伸ばしたくって乾かし、熟成する作りかです。
決まりでは饂飩の名称をひやむぎと命名したりしても問題なく、そうめんも同じである。

栃木県鹿沼市の東北道鹿沼インター近くに震災の前日3月10日にオープンしたいちょう庵です。
名前の由来は、店の裏庭にいちょうの大木がそびえていまして、開店前にこの古民家を初めて見た時から名前は決まりました。春は緑、秋は黄金色に染まって我が店のシンボルとなっています。まだ店の歴史は短いですが、美味しいうどんが食べたくて、お客様にも美味しいうどんを食べていただきたくて、本場香川県の讃岐うどんを勉強しに行ってきました。うどんつゆも香川県のうどん屋の伝統ある味を栃木県でも味わってもらいたくて瀬戸内のいりこや、利尻昆布、花かつお、雑節など6種類のものだけを使い添加物は一切使っていません。

お電話からお気軽にお問い合わせください。 0289-75-4375

line

うどん茶屋 いちょう庵
〒322-0018
栃木県鹿沼市池ノ森610-3
栃木県鹿沼市で、こだわりのうどんをご提供いたします。
営業時間
11:00~20:00 (火曜定休)
TEL 0289-75-4375

line

栃ナビ!